配布方法で費用もかかる

チラシ

さいたまエリアのチラシ制作・印刷業者によっては、チラシ配布サービスまで担う場合もあります。配布の方法によって費用も異なりますが、市町村というエリアによって相場も若干異なります。例えば、バラまき配布(ビラ配り)よりも、一軒一軒、一社一社に配布するやり方のほうが手間も時間も、人員も必要になります。ちなみに、そうしたターゲットがいるならば、確実に目にできるチラシ制作(レイアウトやデザイン)がカギを握ります。定期告知であれば、ポストインがいいでしょう。もちろん、ポストに入る大きさならばチラシ以外でも配布してくれるため、ポケットティッシュなどに印刷するならば、印刷費とポケットティッシュのアイテム料が追加発生します。しかし、特典がつくことは、対消費者にとっては魅力ですから、アイテム以外では割引券などで固定客を獲得するチラシ制作も定評があります。

消費者に確実に届く

さいたまエリアで何かしらサービス業に従事するのならば、またはこのエリアにてイベントなり、情報案内をしたいのならば、チラシ配布まで考えたチラシ制作・印刷が必要になります。もちろん、費用の問題も含めて、すべてを業者任せにするのではなく、チラシ配布のみも可能です。固定客を作り、維持することはお店や企業にとって重大な問題です。固定客が増大すれば、安定した経営を約束できる可能性大です。例えば、消費者がピザのデリバリーをしたい、そんなタイミングでポストに近くにニューオープンした告知のついたピザのデリバリーのチラシが入っていたのなら、チラシが店内のメニュー表と同じ価値を持つのです。

どんな配布のやり方があるのか

チラシ配布が必要な理由は、直接的に接触ができないからでしょう。もちろん、ビラ配りという方法も取ることができ、さいたまエリアのビラ配りの求人にて雇った者の手から不特定多数の通行人に配布ができます。特典としたポケットティッシュに印刷したチラシ配布ならば、直接的に接触ができます。しかし、チラシ制作・印刷において、情報なりサービスを提供したいターゲットがいるのなら、そのターゲットに配布されなければ意味がありません。多くは『固定客をつくる』ことを目的とするため、バラまきでは問題外、常に新しい情報をターゲットに配布しなければなりません。そこに計画性と、地道な努力が要求されます。それが配布サービス業者の役割で、個人(消費者)をターゲットにするなら、自宅のポストに一枚一枚、それこそ、郵便物と同じ内容で入れていきます。情報の種類や性質によってそのパターンは選択でき、定期刊行物もその一つです。配布も新聞の折り込みチラシであれば、新聞を取っている個人(消費者)の手元に確実に届きます。

広告募集中